« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

キラキラでピカピカ!!

神社本殿がキラキラです

どうも禰宜です

神社本殿の改修工事もすすみ金具類が新しくなりました
正確には壊れたものは新しく、直せるものは直したというわけなのですが

とにかく金具がピカピカでキラキラ

こんな感じです↓

100929_165838s
金具のアップ


100929_165756s
社殿内の階段

100929_165631s
上の写真の階段のアップ


どうですか?キラキラピカピカでしょ


工事完了まであと20日あまり
来週後半にはついに足場の解体が始まります

お楽しみに~

(禰宜 鈴木)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

マガジンラック設置!

今日も東京はガンガンに暑いです

「暑さ寒さも彼岸まで」ということで
明日の秋分の日を境に秋がやってくることを望むばかりです・・・

さて今日は神社にマガジンラックを設置してみました


神社御本殿にあがられて御祈祷を受ける方は
当社の場合まず社務所の奥にあります控室にお通しします

そこで申込書にご記入いただいたりするのですが
事前にご予約された方でも5~6分くらい、ご予約ない方や時期によっては10分~15分くらいお待ちいただくこともあります

ちなみに↓な感じの部屋で、お茶などをご用意しておりご自由にお飲みいただけるようになっています

100922_153444s

お待ちいただく間の暇つぶしになるように
後ろのほうに昔のお祭りのポスターやらを版画やらも飾ってあるんですが

ただいかんせん長い時間お待ちいただくこともあるので、何かないかと考えまして
「そうだマガジンラックを置こう」ということで設置してみました

100922_153500s

とりあえず今のところは神社のお祭りの冊子と『つきじ魚河岸三代目』 という漫画で当社の獅子祭を取り上げた下さった話が載っている単行本を置いてみました

お茶を置いたり、老眼鏡を置いたり、神社の版画などを置いたりと、すこしづつ御祈祷の控室を充実させていこうと試みておりますので

もし「こんなのがあったらいいのに」みたいなご意見がございましたら
参考にさせていただきますのでぜひお聞かせください

(禰宜 鈴木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

新しい千木を発見!?

ここ数日、神社本殿修復のための塗装作業をしているようで
朝からシンナーのにおいが充満していて

・・・かるくクラクラしそうな気がします

さてさて
塗装作業と並行して屋根の修復もだいぶ進んでいるらしく
今朝、境内に出てみると新しい『千木(ちぎ)』が並んでいました


ちなみに『千木』とは神社の屋根についているもので

え~と

説明をすると、いろいろな説もあるようなので難しいですが

『屋根を作る際に、左右側面の防風板が左右より交差して伸びたもので、交差した先端をそのまま残したもの』

が千木で、いわゆる古代建築の様式を残したもので、そのうち飾りとして付けられるようになり
現在では神社建築くらいにしか残ってないものです

で、これが新しい千木です↓
100914_092123s

材質は木ですが、それを屋根同様に銅板で周りを囲ってあります
どうですか?ピカピカでしょう~

これと同じように屋根もピッカピッカになります


ちなみに本殿周りの塗装も順調に進んでます
神社の二階(通常はお祭りの会議くらいにしか使ってないので一般の方は入れない階なのです)の窓から見ました神社本殿裏は↓な感じになっております

100914_093100s

修復工事完成まであと約1っか月となり、ますます楽しみになってきました

(禰宜 鈴木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

金具を新しく!!

一昨日は涼しくて「ついに秋が来た」と喜んでいたんですが
・・・今日は暑いですね

さてさて今日も神社境内では
この暑さの中、大工さんたちは神社の修復をがんばっていただいております。

屋根の修復などもある程度めどが立ち
先日は神社御社殿内の金具の交換と修復をうけおう金具関係の会社の方がいらっしゃいました

こちらの会社はお神輿の金具等も手がけ
神社でもお神輿を出すときはお呼びして緊急事態にそなえ、宮出しから宮入までずっと一緒に歩いていただいております


さて、その方々に見ていただき神社本殿内の金具を取り外していただきました

取り外した金具は直せるものは修復し、直せないものは新しいものを取り付ける作業をいたします

そのため、現在社殿では普段では見ることができない金具が取り外された社殿をご覧いtだけます

ちなみにこんな感じです↓

Syaden01s_2

Syaden02s

金具を取り外してみると、白い木のまま
この金具を取り付けたのが社殿が建てられた昭和12年ですから、その時のままの木の白さが残っているとは思わずびっくりでした


工事も残り約1か月
10月頭には足場も取れますが、それまではちょこちょこ暇を見つけて
神社の内側からみえる工事のようすもお知らせしていこうと思います

(禰宜 鈴木)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

多忙とはなんぞや!!

はいお久しぶりです!禰宜の鈴木です

6月からの久々の更新となりました~

「いい加減に更新しろ!」と周りから言われ続けて約3か月
ようやくwindows7にも使い慣れ
ようやく暇になり、やっと更新できるようになりました


さて、ここで明治~昭和の評論家の方の格言を一つ

『多忙とは 怠け者の遁辞(とんじ)である』
(*東京都神社庁毎月発行 命の言葉9月より)

遁辞とは「言い逃れ」という意味です

すなわち
「忙しい忙しい!!」と言って更新ができなかったなんて言っているのは怠け者の言い訳だということです


・・・・ ごもっとも

いや~ 名言ですね


さて、ここで最近の近状を一つ

現在、波除稲荷神社は御鎮座350年記念事業の総仕上げであります本殿の大修復工事を行っております

御社殿の屋根の修復並びに銅屋根の葺き替え工事を行っていますので
社殿全体が足場でおおわれております

10月には工事が完了し、光り輝く銅屋根の御社殿をお目にかけることができると思いますので
しばらくの間は、足場で覆われてありますことご容赦ください

(禰宜 鈴木)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »