« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月20日 (火)

嫌がらせなんでしょうか

さて今日はちょっと信じられない人のお話しなんですが

皆さん千社札はご存知でしょうか
よく神社に貼ってある名前の書いた札の事なのですが

うちの神社の社殿にもたくさん貼ってあります

特にうちの神社では禁止はしてませんが
神社の中には「千社札禁止」と境内に看板をたてているお社もあります

まあ、最低限のマナーとして
一声かけていただき、お参りをしていただきたいものなのです

しかし残念ながら、勝手に貼っていかれる方が多いのですが

まだ千社札は許せるのですが
木の札(板)に焼印をしたものを貼る方がいらっしゃいます

これは、すこしやめてほしいと思います

最低なのは「千社札」風のシールを貼る方
それも全然意味のわからないところに貼る方

これは本当に勘弁していただきたい
むしろ「嫌がらせなのだろうか?」と疑ってしまうことさえあります


ちなみに昨日きがついた、その例が↓です

200901201407000

なぜ、お守りの見本看板に貼るのか僕には理解できません

200901201407001

なんとこちらは鳥居です
鳥居にシールを貼られたのです


お社をご崇敬くださって、お参りをした後に一声かけていただいて
昔ながらの千社札を現代の糊やシールでなく昔ながらの糊で貼るという方はいいんです

ただ、お守りの見本や鳥居にシールを貼るような行為は神様に対して不敬以外の何者でもありませんし、嫌がらせかとかんぐってしまいます

しかもシールなんで、これが全然はがれないんですよ
シールをはがす液を買ってきてなんとかはがそうとは思います

本当に勘弁していただきたいものです

(禰宜 鈴木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

昨日、五節句のうちの一つ「人日の節句」にちなみ七草神事、また七草粥のふるまいを無事執り行う事ができまして、ようやく一息つく事ができました。

本年は波除稲荷神社の御鎮座350年の記念の年

6月に執り行う『つきじ獅子祭』も記念の年にふさわしい盛大なお祭になります
明治以降、関東大震災や戦争などの影響で途絶えてしまっていた
町中の獅子が練り歩く獅子祭に近い形のお祭を執り行う予定となっております

まず神社の天井大獅子(雄獅子)の担ぎ棒が春には完成し、数年ぶりに雄獅子が町中を担がれます。

また弁財天お歯黒獅子(雌獅子)も宮出・宮入を担ぎ、雄獅子と供に町中を引いて一緒にまわらせていただきます

そして、神社本殿にお祭りしています文化財の江戸時代の獅子一対も特別に町中を引いて練り歩くこととなりました

そして、なんと各町会(宮元・築地4丁目・築地6丁目・築地7丁目・築地町自治会)の5町会がそれぞれ持っています一対の獅子も勢ぞろいいたしまして

合計7対の獅子が町中を練り歩く江戸時代の獅子祭の復活をご覧いただける予定となっております


近代化に伴い様々なものが良くも悪くも変わってきまして
これからもどんどん変わっていくことと思います

江戸・明治のお祭りの復興がどこまできるのか正直不安もございますが
町の皆様を始め警察、消防、同好会やご崇敬の皆様方のお力をお借りいたしてまして
安全で楽しく盛大な350年にふさわしいお祭りにしていきたいと思っております

どうぞ、皆様のご協力をお願いいたしまして、新年のご挨拶に変えさせていただきます

本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

(平成21年 1月8日 波除稲荷神社 禰宜 鈴木淑人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »