« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

干支の守り札完成!

さあ11月も残りわずか = 今年も残りわずか
忙しい時期になってまいりました!!

世間一般では年末はもう少し遅いのかもしれませんが
神社も、そして築地も12月の頭から年末モード全開の忙しさです!

そのため、11月に忘年会、新年会は2月中旬という、ちょっと可笑しなスケジュールとなります(笑)


さてさて
本日、ついにお正月に無料でお配りする「干支の守り札」(限定1000名様)が1000個完成いたしました!!

朝から巫女さんがせっせと作っていまして、つい先ほど全部完成したそうです

こんな感じになりました↓

200811241437000s

どうでしょうか?
「牛」の折り紙・稲穂・御札の3点セットを竹串ではさんであります

これを、こんど神職がお祓いいたしまして、1月1日0時よりお配りいたします

例年ですと、だいたい3時にはなくなってしまいますので、ご希望の方は1月1日の3時前にご参拝下さい!


ついでに、写真を整理していたら今までの干支の守り札の写真も出てきたので載せてみます

Sinsyun01
平成17年 酉(とり)

Sinsyun03
平成18年 戌(いぬ)

Sinsyun04
平成19年 亥(いのしし)

Sinsyun05
平成20年 子(ねずみ)

・・・酉と戌はわかりやすいですが、亥と子はわかりにくいかもしれませんね

竹串にはさんで写真に取るとわかりにくくなってしまうのかもしれません
実際手にすると「おお!ネズミだ!」となるんですけどね・・・

ということで、とりあえず本年も無事に干支の守り札が完成しましたので
ぜひ元旦にご参拝下さい

(禰宜 鈴木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

賽銭泥棒

どうも禰宜です

さて、前にも書いたことがありますが
神社に時々、賽銭泥棒が来ます

だいたいいつも同じ人で、私がわかる限り3人ほどいます

顔もわかってますので、境内に入ってくると、私も社務所から出てじっと見てるとすぐ出て行くのですが
なにせ現行犯でないとどうにもならないので厄介です

さて今日の話といいますか、つい先ほどの話なのですが

私が社務所で仕事をしていましたら参拝者の方が境内で「賽銭泥棒だ」と言っているではありませんか

おどろいて境内に出てみますと、時々来る浮浪者の賽銭泥棒のおじさんが末社の賽銭箱をひっくり返しているではありませんか

「おじさん!だめだよそんなことしちゃ」というと、そのおじさん「うるさい」と逆ギレ

逆ギレしたまま、まだ賽銭箱をひっくり返し続けています・・・


「いい加減にしないと警察よぶよ」と言ったら、しぶしぶ左手に持っていた取ったお賽銭を賽銭箱に戻し

そのまま境内を出て行こうとするのですが、よく見ると右手にはまだお賽銭を握っているではありませんか!!

急いで追いかけて「右手のお賽銭も返しなさい」というと

「うるさい!おれはこれで酒を買うんだ」とまた逆ギレ

そこに、ちょうど築地の町の方で若睦などでお祭にご協力を頂いている方が通りかかり
「おじさん!だめだよ。ちゃんと返しなさい」とってくださったのですが

おじさん更に逆ギレ


いまから警察を呼んでも、その間に賽銭泥棒のおじさんは逃げてしまうだろうし
前に賽銭泥棒を追いかけて刺されてしまった神主さんもいたし
最後に何するかわからないし

さて、どうしよう・・・・


そこにタイミングよく、本当に偶然なのですが
なんとパトカーが横を通ったではありませんか!!

すぐにパトカーを追いかけて事情を説明し

賽銭泥棒のおじさんは、そのまま警察署に連れて行ってもらいました


結局、賽銭泥棒のおじさんの供述で取ったお賽銭は76円ということで
まあ、私が右手を見た時には銀色も見えたので実際はもっと取っていたんでしょうが
いかんせんお賽銭箱にいくら入っていたかはわからないので証拠がなく
76円を警察の方が返しに来て下さいました

ちなみに、そのおじさんが家の神社で取り押さえられて警察のお世話になったのは二度目なんですが・・・

まあ、お賽銭箱をのこぎりで切ろうとしたり(実際、神社の賽銭箱にはのこぎりで切ろうとした跡が残っています)
他の神社では火をつけようとした賽銭泥棒の話も聞きますので

それに比べれば、まだましなんですが
泥棒は泥棒ですので・・・これに懲りて二度と賽銭泥棒などしないでほしいものです

(禰宜 鈴木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

酉の市

ご無沙汰しております禰宜です

さてさて、本日は酉の市(二の酉)
神社の境内でも酉の市を行ってるためにぎやかな一日です

ちなみに「酉の市」とは
十一月酉(十二支の十番目)の日に開かれ、酉の待(まち)、酉の祭(まち)が市になったといい、祭りが市に昇華した好例として意義深い祭事です

波除神社では境内にて新藤さんという方が縁起物の熊手を売っておりまして
神社では「かっこめ」という開運熊手神符をお出ししております


波除神社の酉の市は、酉の日の0時~24時に行っておりますので
神社の社務所も昨日の朝にお宮を空けてから、本日も24時まで神社社務所も開いております

もちろん社務所受付も24時間体制(もちろん人間の交代もありますが)

コンビが24時間開いているのは、実はすごい事なんだと実感しております(笑)

ちなみに今年は三の酉まであり、29日が三の酉となっております

(禰宜 鈴木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »