« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006年2月5日 - 2006年2月11日

2006年2月11日 (土)

やっぱり折れた(泣)

境内に入ってすぐのところに一本の木があります

実は、この木は寒緋桜(かんひさくら)という桜で、普通の桜より少し早めに咲きます

例年ですと3月中旬には満開なので
今年もそろそろつぼみが出始めたころだろうと思い境内を見ると
枝という枝におみくじが結んであり真っ白でした!

いやな予感がして、すぐに結んであるおみくじを外してみたところ

予感的中!!

枝が一本、重さに耐えられず折れていました(泣)

これから、特に寒緋桜もつぼみをつけ始める季節ですので
おみくじを結ぶ方は、どうか他の木に結んでください

(権禰宜 鈴木)

|

2006年2月10日 (金)

用語解説「権禰宜(役職について)」

どうも権禰宜の鈴木です
コメントで「権禰宜」の読み方のリクエストがありました!

ということで、今回の用語は『権禰宜』についてです!

一言で言うと『権禰宜』とは神社での役職をあらわします

神社の役職は一般的な神社では上から順番に

『宮司』(ぐうじ)
『禰宜』(ねぎ)
『権禰宜』(ごんねぎ)

となっています!

ちなみに宮司は必ずいますが、禰宜や権禰宜は必ずしもいるとは限りません
宮司さんが一人でやってる神社では当然のごとく宮司さんしかいません

また権禰宜の下に、神主さんの見習い、新人、研修中などの人がいることがありますが
その人たちは『主典』(しゅてん)や『出仕』(しゅっし)などと呼ばれます


あと大きな神社ですと、『宮司』と『禰宜』の間に
『権宮司』(ごんぐうじ)
という役職があることがあります

ちなみに普通の神社では『権宮司』を置くことはできません
また大きな神社ですと『禰宜』が数人いることがありますが、普通の神社は『禰宜』さんは一人しか置けません
(『権禰宜』や『出仕』『主典』は数に制限はありません)

まとめると↓

『宮司』(ぐうじ)     *神社の責任者(1名のみ)
『権宮司』(ごんぐうじ) *大きな神社にしかいない
『禰宜』(ねぎ)      *普通の神社では一人、大きな神社では数人いることも
『権禰宜』(ごんねぎ)
『出仕』(しゅっし)『主典』(しゅてん) *簡単に言うと修行中の人

なお、これは現代の(戦後の)一般の神社での話で
伊勢神宮や、過去(戦前以後)の神社には当てはまりませんのでご注意下さい

ちなみに、波除神社は↓のメンバーで頑張っています!!
宮司、権禰宜2名、出仕1名


でもブログを更新しているのは僕だけです!!
・・・最初は交代でやる計画だったんですけどね(泣)


(権禰宜 鈴木)

|

2006年2月 8日 (水)

用語解説「社務所」

ブログやHPでなにげなく「社務所までいらっしゃってください」などと書いているのですが「社務所ってなんですか?」と質問を受けることが多々あります

という事で今回の用語解説は『社務所』についてです

「社務所」とは簡単に言ってしますと事務所(オフィス)のことをさします

神主さんや巫女さんなど神社職員が事務を行っている場所で
波除稲荷神社の場合ですと、権禰宜2名の机とコピー機だけで社務所の大半を占めてしまっています(泣)

大きな神社ですと「ご祈祷受付」やお守りなどがある(買うことができる)「授与所」などが別々にあることがありますが
波除稲荷神社では、境内もそこまで大きくないため、ご祈祷受付と授与所は社務所と一緒になっています


神社の仕事は「社務」なので『社務所』というわけです
神社に出勤することも「出社」ということがあります!

ちなみにお寺の場合は「寺務所(じむしょ)」というそうです

お寺の場合はなんていうのかずっと不思議だったのですが
所用がありお寺に行った時に大きく「寺務所」と書いてありました


神社の事務仕事=社務=社務所(しゃむしょ)
会社の事務仕事=事務=事務所(じむしょ)
お寺の事務仕事=寺務=寺務所(じむしょ)

というわけです!!

でも、考えてみたら会社の仕事の場合も「社務」ということを使うこともなくもないので
ある意味、会社のオフィスも「社務所」とよんでいいのかもしれません(笑)


以上 用語解説『社務所』編でした!!

(権禰宜 鈴木)

|

2006年2月 7日 (火)

新コーナー開設?

最近改めて気がついたのですが

私の場合、実家が神社ですし、親戚も神社ということが多いので違和感がなかったのですが
参拝者の方々から受ける質問を聞いていますと
どうも自分にとっての常識は一般の常識とはすこし違うらしいです

例えば、神社のお参りの仕方ですが

神社では基本的に『二拝二拍手一拝』というお参りの仕方をします
まず二回おじぎをして、二回手を打って、最後に一回おじぎをします

これは私にとっては常識だったのですが、どうも見ていると知らない方が多いようです


中には「神社とお寺は違うのですか?」という質問も受けます!

どうも私の「常識」は昔は常識であったことなのかも知れませんが、現代では「常識」ではなくなってしまったようです

という事で、今度から少しずつですが
神社の用語解説みたいなものをブログで始めようと思いますのでお付き合いのほどよろしくお願いします!!

「○○ってどういうことなんだろう?」みたいな質問にも、なるべくお答えしますので、リクエストもどうぞ!!

(権禰宜 鈴木)

|

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »