« 2006年11月26日 - 2006年12月2日 | トップページ | 2006年12月17日 - 2006年12月23日 »

2006年12月3日 - 2006年12月9日

2006年12月 9日 (土)

神棚がない場合

どうも権禰宜から禰宜になった鈴木です
ここ一ヶ月のほどの間に、兄が結婚したり、名誉宮司(前宮司)が亡くなったり、私が権禰宜から禰宜になったりとあわただしい毎日で疲れ果ててしまいました

まあそこら辺の話は、そのうち書くかもしれないんで置いておいて

本日は『神棚がない場合、お札はどこに飾るか』です

年末・年始には新しいお札を神社にお求めになる方が大勢いらっしゃるのでが
よく「神棚がないがどこに飾ればいいのか」という質問を受けます

一昔前なら、どこのうちでも神棚があったのでしょうが
このご時世、なかなか部屋に神棚を置くスペースがありません

ところが、神社におまいりに行くとお札をもらったりする

せっかくいただいたのだから飾りたいけど・・・どこに置こう??
神棚を作るべきなのかな??それともどこかに飾っておけばいいのかな??

と、こうなるわけです!!


結論から言えば神棚があれば一番ですが、なくても大丈夫です!!

神棚がない場合は

なるべく目線より高く下に人が通らないところに、下に白い紙か布を引いて飾ります

よくある例では、オフィスや家庭の棚の一部に飾る
また、玄関の靴箱の上や、会社でご自分のデスクに飾る方もいらっしゃいます

なおお札の向きですが、南向きか東向きが良いとされています
では南か東でないとまずいのかといいますと、まずくはないですが、北向きは避けたほうが良いとされています
また東北、西南は避けるべきとされています

ちなみにお札は、真ん中に天照皇大神宮(伊勢神宮のお札で、全国の神社にあります)、右に産土神社のお札(ご自分の家の近くの神社)、左に産土神社以外に崇敬されている神社があればそのお札 という順に飾ります

可能ならばお供え物として、お米・お塩・お水・榊をお供えしましょう
榊は最近ではコンビにでも売っています


ということで、今回は『神棚がない場合のお札の祭り方』でした

なお、わからないことがあったら気軽に神社に聞いてくださればどこの神社でも答えてくれると思います
少なくとも波除稲荷神社では電話やメール、FAXなどでお問い合わせくださればお答えいたします!

(禰宜 鈴木)

| | コメント (47) | トラックバック (0)

« 2006年11月26日 - 2006年12月2日 | トップページ | 2006年12月17日 - 2006年12月23日 »