« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »

2006年1月15日 - 2006年1月21日

2006年1月21日 (土)

いちめん真っ白だ・・・

お正月をすぎると境内がいちめん真っ白になります

なぜだかわかりますか?

それは境内の木という木に「おみくじ」が結んであるからです!!
お正月の参拝にいらした方がひいた「おみくじ」を境内の木に結ばれるので
境内の木という木がまるで雪が降ったかのごとく真っ白になります

「いったい、どうやってこんな所に結んだんだろう??」と思うような高いところや
「なんで、こんな所に??」と思うような場所(例えば本殿の柱)に結んであるおみくじもあります

そのままほおっておくと、結んだおみくじが風で境内中に散らばったり
木の枝が重さで折れたりしてしまいますので暇を見つけては外しています
桜の木などは枝が折れたのが原因で枯れたりするそうなので(汗)

ちなみ当神社では神職や巫女が木から外した「おみくじ」は、ご祈祷をした後にお炊き上げをしています


ということで、お正月を過ぎた1月の境内はまるで雪が降ったようにいちめん真っ白なのですが・・・

今日に限ってはちがうようで「降ったように」ではなく、本当に朝から雪が降っています!!
さぞかし境内中が真っ白な事と思います

ちなみに、なぜ人事のようなコメントなのかと言うと
実は今日は私はお休みをもらっていて、自宅にいるので神社の境内がどうなってるのか見ていないんです(笑)

参拝者の方が転んだりしたら危ないので雪かきもしてる事と思います

一昨年の12月31日もいきなり大雪が降ったので
31日で忙しい最中に神職総出で雪かきをして、えらくしんどかった記憶があります

普段、雪など降らない東京の私たちには、雪かきはけっこう応える労働なんですよね

というわけで自宅からですが今日出社している職員にエールを送ります!

頑張れ!!雪に負けるな!!

・・・ちょっと無責任ですかね(汗)

(権禰宜 鈴木)

|

2006年1月19日 (木)

節分のお知らせ

2月3日の節分のお知らせを神社HPのトップに掲載いたしました
ということで、掲載した文章を抜粋します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成18年の節分祭を下記の通り行います
古式の追儺式に参加し「豆まき」をして翌日の立春からの清々しい春を迎えられる様、皆様のお申し込みをお待ち申し上げます

日時:2月3日(金) 午後5時半~6時半まで追儺式<豆まき> (その間随意の時間)
費用:7千円     裃(かみしも)、福豆、若干の徹物、小だるま、御神符の費用です

お申し込みは神社までお電話ください。FAX、メールでのお申し込みはご遠慮ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

HPのトップからは他に節分の説明と過去の写真のページ
本年の節分のポスターのページなどへのリンクがありますので、ぜひHPもご覧ください

波除稲荷神社ホームページ


(権禰宜 鈴木)

|

2006年1月18日 (水)

お正月の神饌

世間はすでにお正月ではない今日この頃ですが
神社ではようやくお正月のご祈祷もひと段落といった感じです

ようやく今日ブログも書くことができ、お正月に撮っておいた写真の整理をすることができました

写真を整理したところ、本殿の神饌の写真が出てきました
ご祈祷で神社本殿にあがった方はちらっと見えた
・・・かもしれない(おそらくあまり見えなかったと思いますが)
下の写真が今年のお正月にご神前にお供えした神饌です

お供えのお餅が2つ、果物、そして野菜です

果物は毎年、お正月はスイカをあげていただいております
お正月に参拝者の方から「・・・あれってスイカですよね?本物ですか?」と質問を受けました
もちろん本物のスイカです!

野菜は白菜、ゆりね、京にんじん、えび芋、橙とお正月らしい神饌になっています

左後ろにちらっと写っているのが稲穂です

普段は御簾(みす)が下がっていて見ることがあまりできないご神前ですが
このように様々な神饌がお祭りされいています

(権禰宜 鈴木)

|

« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »