« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

2006年3月5日 - 2006年3月11日

2006年3月 9日 (木)

うれしい悲鳴?

いよいよ暖かくなり、ようやく春らしくなってきました
今日で3月も、もう9日です

『名残の雛神事』のお人形受付期間も残り10日をきり
そろそろ飾り付けの事を考えないといけなくなりました

昨年は弁財天社(雌獅子)の床にお人形を飾っていました
ですが、そのままだと外から見えにくいので今年は段を作って飾る予定です

ということで昨年の雛神事の写真を出してきて飾りつけの検討を始めました

真ん中に雌獅子があるので左右の床に飾っていたわけですが
床にそのまま飾ると片面に26体飾ることができます

ちなみに昨年度のお人形の数は↓でした
雛人形(お内裏様、お雛様、三人官女などなど) 28体
日本人形 4体


そして、今年はもう少し数が多いだろうと思い数を数えてみました

雛人形お内裏様、お雛様、三人官女などなど) 88体
日本人形 10体
ぬいぐるみ 12個
その他(上記以外のもの) 9個

!Σ( ̄ロ ̄lll)

今月に入ってからは「数が少なかったらどうしよう」とか思っていたのですが・・・
うれしいのですが、どうしましょう(汗)

ちなみ、今後持ってくるというお電話が既に2件ありますので
どうも確実に雛人形の数は100体に達しそうです

20日に飾り付けを開始しますが
今年は、それはそれは凄いことになりそうです・・・
もしかしたら、弁財天社だけでは追いつかず、他の場所にも飾るかも?

これから急いで、飾り付けの方法を考え直します(汗)

(権禰宜 鈴木)

|

2006年3月 7日 (火)

大祭も終わり

昨日は旧暦の初午の日にあたり、神社では春の大祭『祈年祭』が行われました

毎年、祈年祭(きねんさい)が終わりますと改めて「ああ・・・今年も始まるんだな~」と実感します

ちなみに当神社では大祭(たいさい)と呼ばれる大きなお祭りが年に3回あります

春、夏、秋にそれぞれあり

春の『祈年祭』(きねんさい)は今年1年の神社祭典が無事行えるよう、また豊作であるようにお願するものです

夏は6月10日にありまして
そのために夏祭りにあたる「つきじ獅子祭」は毎年6月10日前後に行われるわけです

秋の大祭は『新嘗祭』(しんじょうさい)
当神社では、「しんじょうさい」と呼んでおりますが一般的には「にいなめさい」と呼ばれるお祭りで
11月23日の国民の祝日『勤労感謝の日』に行います
簡単に言うと収穫に感謝する、収穫祭です
ちなみに、11月23日が「勤労感謝の日」に定められているのは、この日が新嘗祭の日(収穫祭の日)だからです


ということで
昨日は春の大祭『祈年祭』
ついに今年もいよいよ本格的に始まります

・・・まあ既に3月でもあり
とりあえずは夏の「つきじ獅子祭」に向けて走り出しております

町の方々との話し合いも進んでおりますので
近々、今年のお祭りの予定や、今年は獅子、雌獅子、神輿のうちどれを出すかを発表できると思います
(今年は陰祭りですので、お祭りでは3つのうちどれか1つを出します
3年に一度の本祭りでは、どれか2つをだします!ちなみに本祭りは再来年です!)

ではお楽しみに!

(権禰宜 鈴木)

|

« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »