« 10000ヒット!! | トップページ | 『宮司のひとこと』更新 »

2006年5月 2日 (火)

シネマ歌舞伎を見て

どうも権禰宜の鈴木です
お祭りや、半値市の準備で忙しい日々ですが
1万ヒットも超えましたし今日は少し神社に関係ない話をする事をお許しください
また、くだけた文体になる事お許しください

さて、最近私は休日を利用してシネマ歌舞伎を見てきました

松竹さんが歌舞伎を録画して、映画館で見せるもシネマ歌舞伎第一弾として松竹110周年記念・ 十八代目中村勘三郎襲名記念上映「野田版・鼠 小僧」をやったのですが
残念ながら見ることが出来ず

今回第二弾として上映した『坂東玉三郎-鷺娘-』をみてきました

歌舞伎というとなかなか足を運びにくいものですが
(歌舞伎座まで歩いて数分なのですが・・・)
映画館で上映という事で見てまいりました

いや~
感動しました

坂東玉三郎さんの踊りの素晴らしさにみいってしまいました

元々、私は映画が好きで色々な映画を見てきましたし
大学の授業で映画の授業を選択していたこともあり映画について論文も書いたことがあるのですが

このシネマ歌舞伎は、また別物でした

シネマ歌舞伎については松竹さんが説明をしてますが
簡単な部分だけ引用すると「シネマ歌舞伎は、歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するという、松竹が開発した全く新しい映像作品です(映画ではありません)。」というものです

さて本題に戻して鷺娘
素晴らしかったです

まず、普通の観客としてみて
踊りの美しさに感動でした!

そして、これは職業的かも知れませんが
足の運びに感動しました

映像という事で、普通に歌舞伎を見ていてはなかなか見られない足の運びなどをズームで見れたのですが

とにかく凄かったです

自分が神主として、時々思うのは着物(装束)を着て動く難しさです

私は、まだまだ未熟者なのでついつい袴(はかま)のすそを踏んでしまう事などがあるので
歌舞伎役者さんの着物を着た時の立ち振る舞いなどの映像を見るときにはついその部分を見てしまうのですが

このシネマ歌舞伎でも、ついついそこを見てしまったのですが
坂東玉三郎さんの流れるような立ち振る舞いをみて感動しました!

日常的に洋服を着てるせいかもしれませんが
いざ、着物を着ると立ち振る舞いがどうもぎこちない感じがボクはするのですが

歌舞伎役者さんの流れるような立ち振る舞いに感動しました

歌舞伎役者さんのレベルとまではいいませんが
神職として、着物での立ち振る舞いを少しでも良くしよう

シネマ歌舞伎をみて勉強をした一日でした

(権禰宜 鈴木)

|

« 10000ヒット!! | トップページ | 『宮司のひとこと』更新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事