« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月28日 (日)

夏に向けて衣替え

なんとかネットが復旧して一安心!
しかし気がつくとお祭りまであと2週間で大慌て!

どうも、安心したりドキドキしたりで落ち着かない、権禰宜の鈴木です!!

回線の工事やらでブログが停滞していてすいませんでした
なんとか復旧もして気がついたら既に5月も残りわずか

6月になれば、もう神社も町もお祭りモード全快になり
お祭り以外のことをやる時間も少なくなってしまいます

という事で、神社も5月中に夏に向け色々と準備をします

今日は、とりあえず神社本殿のガラス戸を全部しまう作業から始まりました

冬~春にかけてはガラス戸がないと凍え死んでしまうので、ガラス戸が必要なのですが
逆に夏~秋にかけてはガラス戸があると、暗いし暑いしで大変ので、まずガラス戸を全部取り外します

そして、次に装束(しょうぞく)の衣替えです
神主が着ている衣装ですが、これも夏用と冬用があります

そろそろ夏用から冬用に変えないと
見た目も着ている神主も暑くてまいってしまいます(汗)

ちなみに、普段の神主さんの着物も
木地が暑い冬用と、木地が薄い夏用ときちんと分かれています


ということで、いよいよあと2週間で『つきじ獅子祭』が始まり
神社もいよいよ夏に向け走り出しております!!

皆さんも是非『つきじ獅子祭』に足をお運び下さい

(権禰宜 鈴木)

|

2006年5月23日 (火)

ネットがつながらない(汗)

5月21日の朝 「神社のHPが見れない」という騒動が発生!!

また、サーバーでも落ちたかな? と思いつつ確認すると確かに見れない
おかしいと思いつつ他のHPを見てみようとしたら やっぱり見れない
ドキドキしながらメールチェックしてみるとサーバーに接続できない・・・


私はこういうとき大体2つのパターンを取る事にしてます

①原因を究明するべく行動をおこす
②ほっておく(PCとかって一晩すると直ったりする事もあるんで)


とりあえず、その日は②を選択

さて翌22日になりまして、朝さっそくチェックしてみると・・・

HPも見れなければメールもチックできない(汗)
PCをいじってみても特にPCには問題なし
次にルーターを確認してみても特に問題なし
LANケーブルがどこかで物理的に切れてるのかと思ってルーターから直接つないでみても、やっぱり繋がらない

ここまで来るとさすがに焦ってきました

原因を考えながらふとNTTさんが設置した光ケーブルの装置を見ると


なんかいつもとちょっと違う?


何が違うのかな?と思ってじっくりみてみると、どうもついてるランプが少ない気が・・・

ゴソゴソと説明書を見て確認してみると「故障の可能性があるので連絡してください」という項目に見事にヒット!!


そうか・・・光ケーブル自体だったか!!盲点だ!


ということで早速NTTさんに電話して、修理の方に来ていただきました

説明によると、やはり回線自体に問題があるとのこと
いつからネットに繋がらなくなったかという質問をされたので考えてみると

確か20日(土)は繋がってて、21日(日)の朝にはダメだったはず・・・

20日って何かあったっけと思ってNTTの方と話していると

「ああ!あの日は確か夕方から凄い嵐で雨と風が酷かったですよね」


原因は自然の驚異だったのか! Σ( ̄ロ ̄lll)


とりあえずネットにつなげないとメールチェックも出来ないので、治してもらいました

NTTさんに午前11時くらいに来てもらって、ちょっと用事が会ったので後の事は他の人に任せて外出をして18時に帰って来てみると

いまだ工事中!!

どうも結構大変な作業だったみたいです

結果として、応急処置をしてもらってとりあえずネットにつなげるようになりました!
そして24日(水)に、もう一度工事をしに来てくださるそうです

それにしても、やっぱり自然は怖いですね!
というかネットにつなげないと、こんなにも不便で業務にさしつかえるとは・・・

気がつかないうちにネットに支配されているんですね


でも、とりあえず原因がわかってよかった
・・・本当に良かった、久々に冷や汗かきました

(権禰宜 鈴木)

|

2006年5月17日 (水)

半値市の報告

無事?に半値市も終わりました

当日は、残念ながら雨が降ってしまいましたが
たくさんの方が築地に足をはこんでくださいました!

神社でのスタンプラリーや梅酒の振るまいにも多くの方が並んでくださり、ありがとうございました

とくに「梅酒」のふるまいに列ができ、用意した3.6㍑が1時間もたたないうちになくなってしまい、予備の梅酒も振舞わせていただきました

みなさん口々に「おいしい!」と言っていただけて、企画したかいがありました!

また「これは、どこで売ってるの?」とか「なんで築地で石川県のお酒なの?」などの質問を多く受けましたので
ここで詳しくお答えしておきます

●「どこで売っているのか?」という質問について

萬歳楽さんのWebサイトにてお求めいただけます

萬歳楽さんのホームページはこちら

●「なぜ築地で石川県のお酒なのか?」という質問について

当神社には雄と雌の巨大な獅子頭があったのですが、江戸時代に焼失してしまい
その獅子頭を平成になってから石川県鶴来の現代の名工・知田清雲氏とその工房の手により再興することができました

知田工房のホームページはこちら

その縁で、神社の神様にお供えするお米を同じ鶴来で作っていただいており、そして数年前に「そのお米でお酒を造ってみないか?」というご提案を頂き

石川県白山市の萬歳楽さんをご紹介頂き
清酒『波除』と濁り酒『幸穂』を造っていただき
夏のお祭りには『波除』を、秋のお祭りには『幸穂』をお供えしています

といういきさつがあり、当神社と縁があった萬歳楽さんの「加賀梅酒」を今回ふるまわせていただきました

残念ながら雨でしたが、雨でも人手の多さに驚いたくらいですので
きっと、晴れていたらもっと凄かったんだろうと思いますので

築地では半値市以外にも飲みねえ食いねえ祭りなどもありますし
これからも町と一緒に頑張っていこうと思いますので
皆さんも是非一度、築地に遊びにいらしゃってください

まずは6月9日~11日にかけて神社のお祭り『つきじ獅子祭』がございますので是非あしをおはこびください(笑)

(権禰宜 鈴木)

|

2006年5月12日 (金)

ついに明日は半値市!

ついに明日は『築地 春の半値市』当日を迎えます

僕もつい先ほどまで、町の準備をお手伝いしておりました!
そして、これから神社の準備を色々とします(汗)

天気予報ですと、明日はあまり天気は良くないようですが

きっと晴れ・・・とはいかなくても雨は降らない!
そう信じて明日を迎えようと思います


約300店の参加店舗にくわえ
スタンプラリーや青森野菜市!
そして神社でも神輿の飾り付けや日経新聞で№1に選ばれた「加賀梅酒」のふるまいなど

「さすが築地!日本一の食の町!」と思っていただけるようなイベントになっていると思います

是非皆さん明日は築地に遊びにいらしてください!!

なお、明日は雨は降らない予定ですが、一応イベントは雨天決行ですので
もし、万が一ですが雨が降っても是非是非に足をお運び下さい

(権禰宜 鈴木)

|

2006年5月 5日 (金)

もう5月です!

どうも、権禰宜の鈴木です

5月5日 端午の節句です
ちょうど手元に「日本の祝日と国旗・国家のハンドブック」というものがあったのでよんでみると

こどもの日 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」

と書いてありました!!

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる」というのは
まあ「こどもの日」なのでわかりますが

「母に感謝する」という部分は初めて知りました!


波除稲荷神社ではとくに端午の節句のお祭りはしませんが
獅子殿と本殿に菖蒲が飾られています

菖蒲を見ると、もう5月なんだ!と実感します

半値市まであと1週間、お祭りまで約1ヶ月

お祭りのポスターや印刷物もできましたので
お時間のある方はぜひ半値市で築地に遊びにいらして、お祭りのご案内をお持ちください!

(権禰宜 鈴木)

|

2006年5月 4日 (木)

『宮司のひとこと』更新

HP内の『宮司のひとこと』を更新いたしました!

今回の平成18年5月で、25号を迎えます

思えば第1号は平成16年の5月号でした
当初のデザインは左上にその月の予定、右下に文章という形でしたが
どうも文章が読みにくいという事でデザインを変えたのが第8号、平成16年12月でした

夏のお祭りのときは「号外」も打ってもらい、合計で27回も続いております

始めたときと比べて見違えるほど宮司もパソコンを使いこなしています!

第1号のときは宮司もパソコンを使い始めてすぐでしたので
最初は確か、書いてもらった文章を私が変わりに打っていた気がします(笑)

今月で、ちょうど2年を迎えました『宮司のひとこと』
宮司いわく「これなら100号いけるな!」とのことですので、どうぞよろしくお願いいたします!!

宮司に負けぬよう、わたしもブログで頑張ります(笑)

(権禰宜 鈴木)

|

2006年5月 2日 (火)

シネマ歌舞伎を見て

どうも権禰宜の鈴木です
お祭りや、半値市の準備で忙しい日々ですが
1万ヒットも超えましたし今日は少し神社に関係ない話をする事をお許しください
また、くだけた文体になる事お許しください

さて、最近私は休日を利用してシネマ歌舞伎を見てきました

松竹さんが歌舞伎を録画して、映画館で見せるもシネマ歌舞伎第一弾として松竹110周年記念・ 十八代目中村勘三郎襲名記念上映「野田版・鼠 小僧」をやったのですが
残念ながら見ることが出来ず

今回第二弾として上映した『坂東玉三郎-鷺娘-』をみてきました

歌舞伎というとなかなか足を運びにくいものですが
(歌舞伎座まで歩いて数分なのですが・・・)
映画館で上映という事で見てまいりました

いや~
感動しました

坂東玉三郎さんの踊りの素晴らしさにみいってしまいました

元々、私は映画が好きで色々な映画を見てきましたし
大学の授業で映画の授業を選択していたこともあり映画について論文も書いたことがあるのですが

このシネマ歌舞伎は、また別物でした

シネマ歌舞伎については松竹さんが説明をしてますが
簡単な部分だけ引用すると「シネマ歌舞伎は、歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するという、松竹が開発した全く新しい映像作品です(映画ではありません)。」というものです

さて本題に戻して鷺娘
素晴らしかったです

まず、普通の観客としてみて
踊りの美しさに感動でした!

そして、これは職業的かも知れませんが
足の運びに感動しました

映像という事で、普通に歌舞伎を見ていてはなかなか見られない足の運びなどをズームで見れたのですが

とにかく凄かったです

自分が神主として、時々思うのは着物(装束)を着て動く難しさです

私は、まだまだ未熟者なのでついつい袴(はかま)のすそを踏んでしまう事などがあるので
歌舞伎役者さんの着物を着た時の立ち振る舞いなどの映像を見るときにはついその部分を見てしまうのですが

このシネマ歌舞伎でも、ついついそこを見てしまったのですが
坂東玉三郎さんの流れるような立ち振る舞いをみて感動しました!

日常的に洋服を着てるせいかもしれませんが
いざ、着物を着ると立ち振る舞いがどうもぎこちない感じがボクはするのですが

歌舞伎役者さんの流れるような立ち振る舞いに感動しました

歌舞伎役者さんのレベルとまではいいませんが
神職として、着物での立ち振る舞いを少しでも良くしよう

シネマ歌舞伎をみて勉強をした一日でした

(権禰宜 鈴木)

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »