« そろそろ春です | トップページ | 桃の花 »

2006年2月27日 (月)

商品勧誘の電話

神社で受付をしていると様々な電話がかかってきます

なかでも多いのが電話機やFAXなどのリースの勧誘でし、なかには先物取引の勧誘の電話なんていうものもあります

時々思うのですが、勧誘の電話をかけてくる人には電話のかけかたが少しおかしい人がたまにいます

少し前までは友達感覚で電話をかけてくる勧誘の電話などもよくありました
「もしもし、鈴木淑人さんいます?」とかけてきて、そのまま商品の説明などをしてくるのですが
どうも敬語というものを知らないで「~だから新しいのに変えようよ」などと話してきます・・・

お前は友達か!!とつい怒鳴りたくなってしまいます

最近はさすがに、ここまではひどくはないのですが

先日「もしもし鈴木さんいらっしゃいますでしょうか?」という電話がかかってきました

ただ「鈴木」といわれましても
宮司は私の父親ですし、名誉宮司も私の祖父なので当然名字は鈴木です
「鈴木は数人おりますが」と答えたところ
「えっと・・・神主の鈴木さんをお願いします」といわれました

全員神主なんだけどな~と思いながら、しょうがないので私が対応したところ
HPの制作の勧誘だったらしく「今は神社もホームページを持つべきだと思います」と言ってきたので
「・・・既にホームページはありますが」とこたえたところ黙ってしまい
少ししてから「そのホームページに満足されてますか?」と言われたので
「一応自分で作ったものなので満足しています」と言ったとたんに

がちゃん

と電話をきられたので、さすがに少しむっとしてしまいました

ホームページの勧誘の電話なら、せめてホームページがあるかどうかくらいは調べてからかけてきてほしい

電話をかけるときは是非一つ普通にお願いします!
そう思う今日この頃です

(権禰宜の鈴木)

|

« そろそろ春です | トップページ | 桃の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事