« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

まだまだ勉強不足

「おみくじ」についてブログで書いたあと
ブログを見た友人から「そういえば、なんで木に結ぶの?」と質問をされたんですが
実は、なぜ木に結ぶのか知りませんでした(汗)

たしか木の生命力に関係しているという話を聞いた事があったような、なかったような・・・

という事で調べてみたんですが
「おみくじ」の起源などについてはけっこう色々な本に載っているんですが
なぜ木に結ぶのかという事について載っている本はあまりなく
社務所と自宅の本棚の本全部引っ張り出した結果、一冊の本にちょこっとだけ載っていました

その本によると

神道というか、日本には「結び」という信仰があり
色々な結び方によって、実現を願ったり、心をしずめたりするので
おみくじを木に結ぶのも、その「結び」からでてきた民間の風習で
願いが結ばれますようにと祈りを込めて生命力のある木に結ぶことによって、その生命力にあやかろう!

という意味があるそうです

やはり木の生命力に関係があったようです
・・・まあ、きちんとは覚えていなかったのですが(汗)

神職になってはや2年余りがたちましたが
まだまだ勉強不足!日々精進が大切だという事ですね

(権禰宜 鈴木)

|

2006年1月22日 (日)

おみくじって・・・

ブログのコメントに「おみくじ」について書き込みがあったので答えを書いていたら長くなってしまったので
せっかくなので記事として書いてみます(笑)

神社の社務所にいると「おみくじ」は結ぶべきか、それとも持っているべきかという質問をよく受けるのですが

波除神社では必ずお炊き上げしますので
私が質問を受けたときには「お持ちになっても結構かと思いますが、木に結んだおみくじは神社でお炊き上げ致します」と答えています

まあ個人的には
色々な説がありますがこれが正解!というのは難しいので
教訓として持っておくもよし、気になるのでしたら結んでいただければ良いかなと思ってます

ちなみに私がよくうける「おみくじ」の質問としては他に↓などがあります

「凶は入ってないって本当ですか?」
「何回引いても凶しか出ない!凶しか入ってないのでは?」
「何回引いても大吉しか出ない!大吉だけしか入っていないのでは?」
「おみくじって何回引いても良いんですか?」


凶も入ってます!というか実際に引いてる人もいます

凶だけとか大吉だけとか言う事は絶対にないです!ちゃんと他のも入っていますよ
といいますかこの質問は結構多いので非常に不思議です!

何回引いても良いのかという質問は・・・答えるのは非常に難しいのですが

別に何回引いてもかまわないと思います

例えば「今年一年は自分にとってどんな年だろう」と思って一回引き
次に「家族にとってはどんな一年だろう」と思って引く

このように何回か引く方もいらっしゃいますし
お願い事を変えて何回か引くのはかまわないと思います

ただし
大吉が出るまで何回も引く!というのはやめたほうがいいと思います

ちなみにどの種類(大吉、凶、小吉など)でもそうですが
一種類ではなく大吉でも内容が異なっていますので
凶でも書いてある内容はそんなに悪くなかったりします

ということで、もしも凶を引いてしまっても気お落とさず
神社の境内に結んでおいてください

神社でお払いをしてお炊き上げしておきます!!

(権禰宜 鈴木)

|

2006年1月21日 (土)

いちめん真っ白だ・・・

お正月をすぎると境内がいちめん真っ白になります

なぜだかわかりますか?

それは境内の木という木に「おみくじ」が結んであるからです!!
お正月の参拝にいらした方がひいた「おみくじ」を境内の木に結ばれるので
境内の木という木がまるで雪が降ったかのごとく真っ白になります

「いったい、どうやってこんな所に結んだんだろう??」と思うような高いところや
「なんで、こんな所に??」と思うような場所(例えば本殿の柱)に結んであるおみくじもあります

そのままほおっておくと、結んだおみくじが風で境内中に散らばったり
木の枝が重さで折れたりしてしまいますので暇を見つけては外しています
桜の木などは枝が折れたのが原因で枯れたりするそうなので(汗)

ちなみ当神社では神職や巫女が木から外した「おみくじ」は、ご祈祷をした後にお炊き上げをしています


ということで、お正月を過ぎた1月の境内はまるで雪が降ったようにいちめん真っ白なのですが・・・

今日に限ってはちがうようで「降ったように」ではなく、本当に朝から雪が降っています!!
さぞかし境内中が真っ白な事と思います

ちなみに、なぜ人事のようなコメントなのかと言うと
実は今日は私はお休みをもらっていて、自宅にいるので神社の境内がどうなってるのか見ていないんです(笑)

参拝者の方が転んだりしたら危ないので雪かきもしてる事と思います

一昨年の12月31日もいきなり大雪が降ったので
31日で忙しい最中に神職総出で雪かきをして、えらくしんどかった記憶があります

普段、雪など降らない東京の私たちには、雪かきはけっこう応える労働なんですよね

というわけで自宅からですが今日出社している職員にエールを送ります!

頑張れ!!雪に負けるな!!

・・・ちょっと無責任ですかね(汗)

(権禰宜 鈴木)

|

2006年1月19日 (木)

節分のお知らせ

2月3日の節分のお知らせを神社HPのトップに掲載いたしました
ということで、掲載した文章を抜粋します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成18年の節分祭を下記の通り行います
古式の追儺式に参加し「豆まき」をして翌日の立春からの清々しい春を迎えられる様、皆様のお申し込みをお待ち申し上げます

日時:2月3日(金) 午後5時半~6時半まで追儺式<豆まき> (その間随意の時間)
費用:7千円     裃(かみしも)、福豆、若干の徹物、小だるま、御神符の費用です

お申し込みは神社までお電話ください。FAX、メールでのお申し込みはご遠慮ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

HPのトップからは他に節分の説明と過去の写真のページ
本年の節分のポスターのページなどへのリンクがありますので、ぜひHPもご覧ください

波除稲荷神社ホームページ


(権禰宜 鈴木)

|

2006年1月18日 (水)

お正月の神饌

世間はすでにお正月ではない今日この頃ですが
神社ではようやくお正月のご祈祷もひと段落といった感じです

ようやく今日ブログも書くことができ、お正月に撮っておいた写真の整理をすることができました

写真を整理したところ、本殿の神饌の写真が出てきました
ご祈祷で神社本殿にあがった方はちらっと見えた
・・・かもしれない(おそらくあまり見えなかったと思いますが)
下の写真が今年のお正月にご神前にお供えした神饌です

お供えのお餅が2つ、果物、そして野菜です

果物は毎年、お正月はスイカをあげていただいております
お正月に参拝者の方から「・・・あれってスイカですよね?本物ですか?」と質問を受けました
もちろん本物のスイカです!

野菜は白菜、ゆりね、京にんじん、えび芋、橙とお正月らしい神饌になっています

左後ろにちらっと写っているのが稲穂です

普段は御簾(みす)が下がっていて見ることがあまりできないご神前ですが
このように様々な神饌がお祭りされいています

(権禰宜 鈴木)

|

2006年1月12日 (木)

お正月の次は

1月も既に12日となり、すでにお正月は過ぎ去った感がある今日この頃ですが
まだまだ1月いっぱいは神社ではお正月の昇殿参拝が続いていいます

とはいえ、そろそろ次の祭事の準備も始めなければ間に合わなくなってきました!!

という事で、お正月用ののぼりや幕などの片付けを済ますと
次は2月の節分の準備で忙しくなります

波除稲荷神社の節分は、ちょっと変わっていて豆以外もまきます
正確に言うとお菓子(スナック菓子など)をまきます

という事で「築地ってこんなにたくさん子供がいたっけ?」と思うくらい大勢のお子さんで境内が埋め尽くされます

あと普通は節分の掛け声は『鬼は外 福は内』ですが、当神社の節分の掛け声は『福は内』のみです
神社の境内でやっているので、神社に鬼は入れないから『鬼は外』の掛け声はいらないそうです

私が子供のころは、お正月と節分と夏祭りが毎年楽しみでした
お正月はお年玉、節分ではお菓子、夏祭りでは縁日と楽しいイベントだったのですが・・・
いまとなっては「ついに節分の季節が来たか・・・頑張らないと!!」という気持ちでいっぱいです(笑)

でも、まあ町の子供たちにとっては楽しい節分ですので
今年も精一杯準備を頑張ります!!

そういえば今年は戌年!私は実は年男なので・・・
節分当日は隙を見計らってまく方にまわってみようかな?
そんな暇はないのかな?

(権禰宜 鈴木)

|

2006年1月 8日 (日)

好評でした!七草がゆ

2日以来の久々の書き込みになってしまいました!!
改めまして明けましておめでとうございます権禰宜の鈴木です

昨日の七草神事も終わり、神社もようやく一息ついたという感じです

七草神事の後の七草がゆのふるまいは、例年ですと少し余るくらいなのですが・・・
今年は雑誌の効果か、はたまた「土曜の築地は面白い」と重なったためか11時30分にはすでになくなっていたようです!

例年より少し多めの80人分用意をしていたのですが
11時10分くらいにはすでに残り40食となっていました!

七草がゆふるまいのもようは写真に撮っておきましたので後日アップします

8日になり、世間はお正月モードを少し抜けましたが神社はまだまだお正月の参拝が続きます

そして、それが終わるとあっという間に節分!!
節分が終わるまではまだまだ忙しい日が続きます

友人との新年会はそれまでお預けかな?
そんな一言で今日のブログをしめておきます(笑)

(権禰宜 鈴木淑人)

|

2006年1月 2日 (月)

新年になって

新年明けましておめでとうございます

神社では31日、1日も過ぎ
2日になりやっと少し一息といったところです

今日は残念ながら雨が降ってしまいましたが
天気を心配していた31日と1日は昨年のように雪など降らなかったので安心しました

神社は2日~3日はわりと静かで(それでもいつも以上には忙しいのですが)
4日と5日は会社の仕事始めの参拝があるので1日以上に混雑します(汗)

そして7日には七草神事・七草がゆふるまいがあります

七草がゆふるまいに関しては今月発売の東京ウォーカー、東京一週間という雑誌に載っているそうなので

興味のある方はごらんになって、ぜひ7日にいらしてください

それでは、皆様本年もどうぞよろしくお願いいたします

(権禰宜 鈴木淑人)

|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »