« 2005年10月16日 - 2005年10月22日 | トップページ | 2005年10月30日 - 2005年11月5日 »

2005年10月23日 - 2005年10月29日

2005年10月29日 (土)

秋の大祭 新嘗祭

そろそろ10月終わりに近づき、神社ではお正月の準備とともに
11月23日(勤労感謝の日)に行われる秋の大祭『新嘗祭(にいなめさい)』の準備に追われています

新嘗祭は簡単に言うと収穫祭
すなわち新穀の収穫を神様に感謝するお祭りです

宮中では天皇陛下が天照大神をはじめ神々に新穀をお供えし、ご自身もお召し上がりになります
これにあわせて全国の神社でも新嘗祭が行われます

この事から勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝する日として11月23日は勤労感謝の日として国民の祝日となっているのです

さて波除稲荷神社でも11月23日に新嘗祭が行われます

石川県白山・鶴来に神社の御神饌田(神様にお供えするお米を作る田んぼ)があり
今年は5月5日にお田植え祭(田植えのお祭り)、8月24日に抜穂祭(稲刈りのお祭り)が行われました

新嘗祭では、この御神饌田の稲より精米・稲穂、この稲を使った濁り酒『幸穂』が当神社の新嘗祭にお供えされます

このお米は神様にお供えするためのものですので、お酒を作るお米ではなく食べるお米なのですが、昨年より鶴来の小堀酒造店様のご協力により、下記の2種類のお酒を御神酒として作っていただくことができました

夏の大祭にお供えする萬歳楽謹製『波除』(澄み酒)
秋の大祭にお供えする萬歳楽謹製『幸穂』(濁り酒)

神社の御神饌田で作られたお米よりお酒を作るという神社は
日本全国でも当神社だけだと思います

小堀酒造店さまのサイトはこちら
http://www.manzairaku.co.jp/

神社HPのトップにも秋の大祭『新嘗祭』のお知らせと、多くのご崇敬厚き方々のご参加を得て執行できますよう初穂講へのご入講をお願いを掲載いたしました

ご入購の方には下の写真の、濁り酒『幸穂』・御神饌田でとれた初穂・新米二合・御神符を授与いたします
*濁り酒『幸穂』は御神饌田の面積の関係上、作れる数も少ないので限定250本とさせていただきます)

ご入講は神社社務所に直接、又は郵便振替にてのお申し込みとなります
郵便振替をご希望の方は電話、FAX、E-mail等にお問い合わせください

|

2005年10月26日 (水)

はじめまして

☆鈴木権禰宜氏よりブログを書くように言われました(^_^;)

☆十月もあとわずか、七五三・酉の市・新嘗祭、あっという間に年末です。年々、時間が加速しているようです。
☆今日は急に寒くなりました。
お宮をしめて、帰ろうとしたら獅子殿に猫が・・・。
神社に住み着いている(?)猫が中に入っていたのに気づかずに扉を閉めてしまったようです。ガラス扉の向こうからキョトンとこちらを見ていました。もう一度開けて出しました。

(権禰宜★坂田)

|

2005年10月25日 (火)

玉子塚供養祭

神社の境内にはいくつか塚があります
すし塚・海老塚・鮟鱇(あんこう)塚・活魚塚・蛤石
そして玉子塚

今日は玉子焼きの業者さん達(東京鶏卵加工業組合)が集まり
年に一度の玉子塚の供養祭がありました

ちなみに、この玉子焼きは『厚焼き玉子』の事です

玉子塚は、寿司屋・料理屋等で主に使用される玉子焼きを作る業者にとっては日々新鮮な玉子を大量に使用することが必要であり、それによって生業が成り立っている事に感謝し、使用した玉子への供養と古より如何に玉子が世に優れた食材であったかを人々に顕彰する為に建てられました。

玉子塚の説明をすると「目玉焼きをつくるお店があるんですか?」と質問されることがまれにありますが
決して『目玉焼き』ではありません『厚焼き玉子』です

去年は残念ながら雨だったのですが
今年は天候に恵まれたため、境内の玉子塚の前で祭典が出来ました

塚の前に祭壇をくんだときの写真を撮ってみたので
祭典の雰囲気だけども写真でどうぞ~

|

2005年10月23日 (日)

11月3日はなぜ「文化の日」?

昨日の夜、食事を食べに行ったら、メニューがすっかり秋用に変わっていました
銀杏や秋刀魚それにすでに鍋がメニューにずらりと並んでいて
時期は気温とは関係なくすっかり秋になってしまったようです

そこで、「読書の秋」「食欲の秋」「芸術の秋」などいろいろあるという話から
11月3日がなぜ『文化の日』かという話になりました

普通に生活をしていると、国民の祝日の意味を考えることは少ないとでしょうが、実は国民の祝日と神社(神道)は関わりがあることが多いのです!!

たとえば、現在では文化勲章の授与式がおこなわれている11月3日『文化の日』
実は明治天皇さまのお誕生日であったので、最初は『明治節』と言う名前で祝日に定められました
その後、昭和23年に近代文化が目覚しい発展を遂げた明治の時代を念頭に『文化の日』として改めて定められました

たぶん、ほとんどの人がなぜ11月3日が『文化の日』として国民の祝日になっているのか知らないんだと思います
実際、僕もおそらく神主でなければ知らなかったと思います

ちなみに、明治という名がついて、あまり知られていないものには他に『明治神宮』があります
お正月に初詣に行く人も多く、明治神宮という神社を知らない人はあまりいないと思いのですが
明治神宮の御祭神(その神社の神様)を知っている人が実は少ないということを最近知り、驚きました

年配の方は知ってる方も多いとは思いますが
明治神宮の御祭神は明治天皇さまと昭憲皇太后さま(明治天皇様の奥様)です
だから『明治神宮』という名前なのです

ついでに言うと、明治神宮の森は今はすごく大きな森ですが
あそこは元々何もないところに木を植えて作った人口の森だということもあまり知られていないようです

こういう事は知らなかったからといって、特に生活には困らないでしょうが、
まあ日本人として知らないよりは知っていたほうがいい事ですので

今度、機会があればこのブログで他の「国民の祝日」についても書いてみたいと思います

(権禰宜 鈴木)

|

« 2005年10月16日 - 2005年10月22日 | トップページ | 2005年10月30日 - 2005年11月5日 »