« 10000ヒット超えました! | トップページ | テレビ出演 »

2005年11月25日 (金)

神主さんのスーツ姿

11月23日に、秋季大祭「新嘗祭」が無事執り行われ
昨日から、新嘗祭にご入講下さった方にお神酒とお札とお米を配りに築地の町を歩き始めました

歩いていて、町の方と道でお会いし、ご挨拶をすると
皆さん一瞬不思議な顔をされることがあります

波除稲荷神社の場合ですと
神社で作業をするときは、洋服の上にうわっぱりと呼ばれる白の作業着みたいなものをはおり
それ以外ですと、たいていははかま姿の着物でいます

ですが、実は正式な場所では
たいていの場合、神職さんはスーツの場合が多いです

波除稲荷神社でも、町をまわるときは神職は、ほとんどの場合スーツなのですが

神職=着物 という印象が強いようで
洋服でいるときや、スーツのときは一瞬誰だかわからないことが多いようです

お坊さんなどを見かけると皆さん必ずといっていいほど着物(なんと呼ぶのかわかりませんが一般的なお坊さんの格好)をしていることが多いですが
神職(神主)ははかま・羽織のときもなくはないですが、大抵はスーツの場合が多いです

街中でお坊さんを見かけることはあると思うのですが
あまり「神主を見かけた!」という経験をお持ちの方は少ないと思いますが
それは、たぶんスーツ姿なので、だれも神職だと気づかなかっただけなんだと思います

これからの時期、神職も町をまわらせていただくことが多い時期になりますのでスーツ姿で忙しそうに歩いてる人は、実は神主さんかも知れませんよ(笑)

(権禰宜 鈴木)

|

« 10000ヒット超えました! | トップページ | テレビ出演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事