« 一年は早い | トップページ | 11月3日はなぜ「文化の日」? »

2005年10月20日 (木)

干支の守り札

ブログを始めて今日でちょうど10日たち、アクセス数も100を超えました!!
正直10日で100ヒットを超えるとは思っていなかったので、驚いています
これからも少しでもよくなるようにがんばりますので、なにかご意見やご感想がありましたら、ぜひお知らせください

さて、先日も書きましたとおり今年もあとわずかとなりました
神社では年末までにまだ、七五三、酉の市、新嘗祭などイベントが続きますがすでにお正月の準備も進めています

神社のHPができてからはお正月用の特設ページも公開しているので、そちらもそろそろ準備を始めています

昨年からお正月の特設ページで、初詣に配る干支の守り札の写真も公開しているのですが、一足先にこちらのブログでも公開してみようと思います

ちなみに『干支の守り札』とは
元旦0時より神社に初詣にいらっしゃった方(先着1,000名さま)に無料でおくばりしているお守りで
神職が手作りで作った、その年の干支の折り紙、稲穂、お札を竹にはさんだものです
(ちなみに今年の干支の守り札はこちら)

毎年、この干支の守り札は人気で例年ですと元旦の午前3時~4時ごろにはすでになくなってしまいます

この干支の守り札をはじめてからすで25年ほどたったそうで
宮司(当時は禰宜)が若いころは一人で折っていて、とても大変だったそうです

今年は8月ごろからコツコツと神職総出で折って先月にはすでに来年の分は完成いたしました
・・・私は折り紙というものが非常に苦手なので、あまりお手伝いできませんでしたが(汗)

ということで一足お先に『干支の守り札』の戌の折り紙を公開します

(権禰宜 鈴木)

|

« 一年は早い | トップページ | 11月3日はなぜ「文化の日」? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事